ほっかいどう未来文化協議会

団体の設立目的

本協議会は、子供たちや青年など北海道の未来を背負う人材、高齢者や障がい者等の社会的弱者が、芸術やスポーツ等の文化的活動を通して自己表現が出来る場を提供し、持続的な「健全で明るい北海道社会」を振興する事を目的として、本会に賛同する企業、団体、個人のCSR(企業社会的責任)に基づく支援を前提として、企画の立案、運営を行う団体として2016年1月に発足しました。

名称 ほっかいどう未来文化協議会(任意団体)
本部 〒060-0807
札幌市北区北7条西1丁目1-2 SE山京ビル 5F
TEL:011-707-0111(積水ハウス札幌支店内)
設立 2016年1月28日
第一回企画案 「こどもみらい絵画発表会~ぼくのわたしのみらいのいえ〜」(後援:札幌市、札幌市教育委員会)
今後の企画計画案 建築設計コンペティション(U30) / こども未来文化発表会(音楽、絵画、スポーツ等) / 各種文化セミナー、勉強会 / 体験型ワークショップ / ネイチャーワーク / 老若障企交流など

「ほっかいどう未来文化協議会」役員・会員名簿(2016年3月25日現在)

会長 佐々木真悟(積水ハウス株式会社札幌支店)
役員 畠中秀幸(スタジオシンフォニカ有限会社代表)
役員 山内圭吉(有限会社山内圭吉建築研究所/北海学園大学非常勤講師)
役員 木野哲也(ウタウカンパニー株式会社代表)
会員 積水ハウス株式会社 札幌支店 / スタジオシンフォニカ有限会社 / 有限会社山内圭吉建築研究所 / ホンマデザインコンサルタント / ウタウカンパニー株式会社 / 馬淵 悟(北海道東海大学名誉教授) / 北海道ガス株式会社 / 株式会社 リクシル 以上